ロボットと未来研究会スケジュール
新着
黒い線をたどりながら助けを待っている人を探して救助するレスキューロボットをつくります! プラスチックのブロックではなく,金属のパーツをネジで止める方式の教材を使って,ロボットを作ります。電子回路の工作についてもチャレンジをします。 作ったロボットで実際に,レスキュー競技を行なったり,ロボットコンテストにチャレンジしていきます。
赤外線ボールを探知してサッカーをするロボットをつくります! プラスチックのブロックではなく,金属のパーツをネジで止める方式の教材を使って,ロボットを作ります。電子回路の工作についてもチャレンジをします。 作ったロボットで実際に,他の研究員とサッカー競技を行なったり,ロボットコンテストにチャレンジしていきます。
学童保育ココカラKIDS 「放課後を自らデザインする」というコンセプトのもと、主体性を育てることを目標とした新しい学童保育作りにチャレンジしています。自分でその日の目標と1日の予定を立てて、実際の活動を自分自身で振り返りをすることを通して、主体的な学びの技能を育てていきます。毎日、1人1人がプレゼンテーションをみんなの前で行う機会や、老人ホームや外国人に自分たちの活動の成果を発表する機会を設けているのも特徴です。 株式会社ココカラデザイン,株式会社ハコカラとの共同研究として実施しています。 未来デザインキャンプ 様々な体験や交流を通して、社会の多様性に気づきこれから自分たちがいきていく社会や未来の抱えている課題を発見し、解決策をデザインする実践力の育成を目指します。 休日デザイン 休日1日で放課後デザインのエッセンスを体験できるイベントです。放課後デザインのん活動の体験や、ロボットと未来研究会の活動の体験としてもご参加いただけます。
コース概要 小中学生がロボットの学習を始める時に,よくタイヤがついた車型のロボットを作っって,プログラミングをして動かすことがあります。すでにいろいろなところで車型ロボットを作ったりプログラミングしたりする体験はできます。そこで,ロボットと未来研究会では,一歩先を行って,2足や4足で歩くことができるロボットを作って,プログラミングをして動かそうという新しいコースを今回企画しました。私たちも初めてのチャレンジでワクワクしています。 今回は,まずはリンク機構で歩くことができる4足のロボットを作り,機構の作り方について研究します。